The Riverside読み込み中…

h1

h1_extra
 
予約する
チェックイン
チェックアウト ...
1

抵百葉庁

抵百葉は宜蘭県礁溪郷の古代地名であり、昔礁溪を占拠していた葛瑪蘭族(カバラン族)の族の名称であります。抵馬悅・都巴嫣とも書かれ、二つの意味が持ってて、一つは温泉、もう一つは「焼地」のこととして指します。奇立丹社の東に隣接し、現在は德陽村を設置されていました。
料理の内容は当地の名産や新鮮な食材を使い、豊富な料理を提供しております。お客様の要望に応じた、旬な料理を美味しく提供できるように日々努力します。

昼ごはん:11:30 – 14:30
晩ごはん:17:30 – 20:00