The Riverside読み込み中…

h1

h1_extra
 
予約する
チェックイン
チェックアウト ...
1

ホテル鳳凰徳陽川泉旅

礁溪は昔多くの川が分布しており、雨が降らないと渇水になります。その原因で『庁志』で「旱溪」を名付けました。1961年、礁溪は温泉郷として発展してきました。初期の温泉文化を経り、経済成長の発展をしつつあり、国民のレジャーが主流になります。現在の礁溪は、外国人に人気のあるスポットとして知られています。ホテル鳳凰徳陽川泉旅は礁溪繁華な中心に位置し、公共交通機関でも容易にアクセスできます。礁溪ならではの美人湯に入ると同時に、都会の喧騒を忘れて、職人が丹精込めた庭園の中でゆっくりと湯浴みの旅を楽しめます。

多くの河川が有する礁溪は、台湾語で「旱坑」で、炭酸水素ナトリウムの美人湯として有名です。ホテル鳳凰徳陽川泉旅は2017年に開幕し、当地文化と結びつけて、旅人に文化をよく知る深い旅を体験させることにより、他のホテルと異なる体験を実現させることができます。